今回は、実際に私が治療院で指導している「なるべく簡易的にした」猫背解消プログラムの続編です。

前回は、まずは固まった筋肉を「ほぐす」、というところからのスタートでした。

今回は、そこから「姿勢維持筋を鍛える」というパートに入ります。

 

◆姿勢維持筋の簡単トレーニング

①ダイアゴナル ~時間は耐えられなくなるまで、1日1回でOK

・手~背中~足 が一直線になるようにする

・呼吸はできれば腹式呼吸で

・大事なのは、時間ではなく形(姿勢)

 

②プランク ~時間は耐えられなくなるまで、1日1回でOK

・お尻が浮いたり沈んだりしないよう気を付ける

・特にお腹の両脇部分に効いてくる

 

③腰割 ~腹式呼吸で耐えられなくなるまで、1日1回でOK

・横から見ると背中が垂直になるように沈み込む

・沈みこんだら、拝みポーズをして両肘で両膝の内側を押す

・イチローのように、肩を入れてゆっくりひねっても良い

 

共通事項⇒ どこの筋肉を鍛えているのかを、しっかり意識することが大事です

 

◆クールダウン

最後に日頃の緊張状態から脱する意味も含めて、全身の力を抜きます。余計なことは考えない様にしましょう。

脱力のイメージは「あしたのジョー」の最後の場面です…

 

・背もたれのある椅子に座る

⇒両足を投げだす

⇒肩の力を抜き手をだら~んと下ろす

⇒首の力を抜き頭も下げてうつむく

姿勢は悪くなってOK、そのまま目を閉じて2~3分くらい脱力する

 

「ほぐし」も含めて、10分前後のトレーニングです。

あくまでも、毎日できるように簡易的にしました。種類が多いとやる気をなくす方がほとんどです。

まずは、これらをルーティンにして効果を出していきましょう!

 

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング