症例報告 ~ギックリ腰 秋ver.

 

お彼岸を過ぎて朝晩が冷え込んで来ると、多くなるのが寝違いとギックリ腰です。

これは顕著に増えます。春秋の彼岸過ぎ、季節の変わり目です。

昼間と朝晩の温度差も出るので、自律神経も安定しません。

自律神経が安定しないと身体のコントロールも普段よりきかなくなります。

そのような時に仕事などで忙しく、心身が疲弊すると・・・

やってしまうのです・・・魔女の一撃です!

50代男性、何度か当院には来院。

前にもギックリ腰で来院しているが、しっかり最後まで治さないので、1~2年に一度は繰り返し、そのたびに来院……

運動は特にしていないが骨太で、体力には自信があると言われます。

案の定、沖縄日帰りなど出張が重なり、移動疲れなど疲労がたまっている模様。

昨日の夜、着替える時にやってしまって、そのまま安静に寝て、寝れば治るだろうと思ったが、やはりダメだった・・・というお話。

そりゃダメですよ、何度も繰り返しているんですから……

バランス調整のカイロベッドに寝るのもつらく、最低限の動きで骨格調整。

その後経絡治療と子午治療。

骨盤に大きな問題はなく、腎虚。肺経の列缺というツボに金鍼を当てる。

腰だけではなく、全体的に疲れが溜まっており、表面がパンパンな感じ。

全体的に軽く鍼とお灸で整え、下半身を中心に指圧を行う。

痛い部分は炎症がヒドイので、温めていけませんが、足は冷えているのでしっかり保温したほうがベター。

ベッドから起き上がる時は痛みがあるものの、立ってから歩く分には平気になった。

2~3日後に、また来るようにアドバイスして終了。

3日後にいらした時は、笑顔も見え、まだ怖いからコルセットはしているが、仕事で座った状態で集中してから立つ時に痛みがあるが、あとは大丈夫とのこと。

腰の筋肉の奥にまだ炎症がある証拠ですが、マッサージは大丈夫と判断し、全体的に鍼灸指圧を施す。

しっかり止めるために、1週間後にもう1度やりましょうとアドバイスしましたが・・・

例年通り、いらっしゃいませんでした・・・また1年後に来ることになるかも・・・

風邪でも腰痛でも寝違いでも、急性のものはしっかりと完治させることが大事です。

油断すると風邪がぶり返すのと同じで、腰も痛みが再発します。

やってしまったら、計画的にしっかりと治しましょう!

 

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング