前回は「なぜ肩が凝るのか?」というお題目でしたが、
こちらをご覧の方々はすでに「凝ってしまった」側だと思いますので、
今回は凝ったらどうしたらよいか?、というテーマでお送りします。

 

◆肩が凝ったら・・・

・マッサージでもみほぐしてもらう
・電気屋さんでマッサージ機に座る
・鍼灸をうける
・カイロプラクティックに行く
・整体屋さんへ行く
・温泉に行く
・すごく美味しいものを食べる
・旅行に行く
・マウスピースを作る
・パーッとストレス解消する

はい、どれも正解です!

 

肩の筋肉が血流不足で固くなっているのですから
要は血流を良くしてあげればよいのです。
上記のどれもが血流促進剤にあたります。

 

血流が悪くなった原因が
肩こりを治すためにやったこととマッチしていれば
すごく良くなるでしょう。

<例>
ストレスが原因で肩が凝った

ストレス解消したらスッキリした!

・・・簡単に言えばこういう図式です。

 

<違う例>
肩こりの原因が骨が曲がっているからだとテレビでやっていた

カイロに行ったけどよくならなかった・・・ はい、これもよくある図式です。

 

前回も書いたように肩こりの原因は西洋医学的に解明されていません。

テレビなどでは「原因の一例」を紹介しているだけです。
それで視聴率さえ取れれば良いのです。

まずは自分と向き合って
これが、肩こりの原因ではないか?と思われることを
自分の考えで書きだしてみましょう。

この作業が「肩こりから脱却する第一歩」です。

 

姿勢?歯ぎしり?嫌味な上司?過剰労働?
金銭問題?夫婦関係?政治?天気?

 

そう、肩こりの原因は色々考えられます。
でも、全てを一度考えて、書きだす行為がとても大事です。
自分の脳で、原因と思われる事を認識することが良いのです。

 

そうしたら、それぞれに解決方法を書いていきます。
この方法は実は「腰痛」でも効果あります。

腰痛もいまや85%が原因不明とドクターも言っています。
肩こりや腰痛のように原因が特定できないものは、
この「脳で認識する」作業が良いのです。

 

原因:嫌味な上司  ⇒ 時々無視する、頭の中で小突いちゃう・・・

原因:歯の食いしばり ⇒ マウスピースをはめてみる、ガムを噛む・・・

 

などという感じです。
頭の中で1個1個解決していきます。

 

その作業が終わってから、自分に合うと思われる
対処法を試して、血流を改善しましょう!

ちなみに、数多く治療法がありますが
「コリ」に関してはどれもある程度の効果はあります。

あとは、人の身体に触れるものですので
施術する人との「相性」もとても大事だと思います。

 

正直、クチコミサイトのクチコミは
既に「ファン」の方が書いているケースが多いので
あまり参考になりません。

自分の目でHPや院の様子をじっくり見て
判断しましょう!

 

・鍼はクセになる
・マッサージだけではすぐ戻ってしまう
・カイロは一瞬だけのこと

 

・・・などはメディアや他業種のネガティプキャンペーンから
生まれた言葉ですので、鵜のみにしないで下さいね。

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

~地球で眠るすべての人へ~
柔軟性・分散性・通気性・高反発性が優れていて衛生的に使える枕 【The Pillow (ザ・ピロー)】