寝違い(肩や首の痛み)

30代 女性 会社員 エキテンを見て来院

主訴:首が痛くて動かせない(朝起きたら寝違い)

 

やや小柄な女性。仕事は基本1日パソコンで座りっぱなし。忙しい時は家に持ち帰って仕事する時もあり。
普段から肩こりは気になっており、ひどくなるとマッサージに行く程度。何年かに1度このような感じになる。
冷え、生理不順、足のむくみ、肌荒れも気になる。

脈診は肝と腎が弱く「肝虚」証。カイロ的には「右頸椎症候群」。

まずは全体的に治癒力を高めて患部の治療へ。

その前に「子午治療」。急性の時には効果がのぞめます。

金鍼を足のツボにあてると、刺してないのに「入ってる感じです」と必ず言われます。

しばらくあてると、そのツボを押した時の感じ方が変わっているから不思議・・・

 

次に首を含めた鍼の治療。

基本的に寝違いは、蓄積疲労(コリを放って置いた)、冷え、寝返りを打たなすぎ……などからくる症状です。

頭、首、肩(肩甲骨の下辺りまで)、腕を中心に鍼を刺していきます。

お灸もポイントです。

急性の痛みですが、温めた方が良いケースが多いです。(炎症の度合いによります)

 

一通り治療を終えると・・・若干動かした時の痛みが残るものの、全然違う!と驚き。

コリがひどいので、今回は鍼灸だけで終了したが、もう一度5日後にマッサージしたほうが良いと指導。

痛みや炎症の度合いにもよりますが、このように急性の寝違いのような痛みでも1回の治療で治ることがあります。

痛みを我慢しても良いことは何一つありませんので、早めに施術を受けましょう!

 

 
◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング

 

 

【スマホヘビーユーザーにおくるネックフィット枕】