自律神経 を起因とする症状・・・最近非常に増えた症状です。

大体、調子が悪く不快な症状があって病院に行ったものの、
「自律神経(の乱れ)だね」と言われて途方に暮れ、来院されるケースが多いです。

『自律神経⇒不随意神経(意志とは関係なく勝手に働いている)』

呼吸や発汗などの体温調節や代謝や消化など、
「生きる」上での機能面でとても重要な役割を果たしています。

その中枢は脳の「視床下部」と言われています。

ご存知の方もいるかと思いますが、自律神経には

①交感神経 (興奮時に優位になる)

②副交感神経(リラックス時に優位になる)

とがあり、基本的には拮抗的に働いています。
このバランスが乱れることにより、各種不快な症状が出ます。

①は脊髄の中でも、胸髄と腰髄から出ており、
②は脳と仙髄から出ています。

 

 

よく、背中を押して固いと「●●が悪いですね~」と
言われることがあると思いますが、これは『自律神経反射』のうちの
「内臓―体性反射」の論理から出ています。

仕事時間が長いと交感神経ばかりが働き、いざ寝る段階になってもなかなかリラックスする副交感神経に切り替わらなくなり、慢性的な睡眠不足に陥り、悪循環になる方も多くいらっしゃいます。

先ほど書いたように、いわゆる「背中」には交感神経しか出ていません。普段、姿勢が悪く背中が丸まって硬くなっていると、自律神経にも悪影響を与えます。

自律神経の治療には、東洋医学を始め代替医療はとても有効です。

私の場合は、脈診による経絡治療で全体の「気」の流れを鍼で整えた後、
背部やクビ周りを中心に施術します。

患者様は日頃の緊張(仕事)時間が長いことが多いですので、
ゆっくりした指圧も入れてあげると相乗効果がでます。

鍼+指圧、このマッチングは経験上とても有効です。

ツボでは、脊椎間(背骨の凸と凸の間)に反応が現れますので
そこに施灸します。お灸は自律神経の治療には外せません。

症状が浅ければ、1度でかなりスッキリされる方もいらっしゃいます。

仕事や家庭の不安やプレッシャー、夜間の勤務や長時間労働などが原因のことが多いです。

心当たりがある方は気を付けて、自宅ではスマホなどに依存せずリラックスを心がけましょう。

治療回数などは症状の深さにより前後します。

神経の問題ですので、手技だけではなく、治療院の環境(音や雰囲気)、治療家の態度なども影響します。そのあたりはしっかり調べてからかかると良いでしょう。

自律神経症状でお悩みの方には、一度鍼灸治療を体験されることをオススメしています。

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング