寝ても疲れが取れない……朝から体が重ダルい……

こんな症状も増えています。

このような症状をお持ちの場合は、体内に活性酸素がわんさかいる、と思ってください。

活性酸素とは、簡単に言うと「酸素が、その電子的習性により酸化力の強いものに変化したもの」です。

我々は生きるために呼吸をして酸素を取り入れていますが、その1~2%は活性酸素(活性酸素は現在4種類が確認されています)に変わると言われています。

なぜかと言うと、細胞でエネルギー(ATP)をつくる過程で出てしまうからです。

もちろんそのくらいの量であれば、出た活性酸素を無毒化するシステムが体内には備わっているので安心してください。

しかし、

●食品添加物や残留農薬
●タバコや飲酒
●大気汚染物質
●炎症
●激しい運動の後
●働き過ぎや各種ストレス
●紫外線や放射線
●電磁波・・・

このようなものを過剰に摂取したり浴びたりすると、活性酸素も大量に産生され、その無毒化が追いつかなくなります。

その結果、糖質やアミノ酸など各器官を構成する分子を酸化して体内に悪影響を与えます。

代表例が、胃潰瘍・白内障・糖尿病・潰瘍性大腸炎、そして最近ではガンも活性酸素の影響だと言われています。

また、何より「細胞の酸化=老化」なのです(シミなども)。

だから、様々な「活性酸素」をなくすための健康グッズを各社販売しているのです。その効果は??ですが…。

様々な原因により、代謝機能が低下して活性酸素を処理しきれず、ダルくて疲れが抜けなくなってしまう……

これも、一種の現代病でしょう。

治療は、鍼灸治療がお勧めです。

対症療法では全く意味がない(ビタミン注射とかになります)ので、身体全体を整える治療が向いています。

各種ストレスが原因となりますので、鍼灸治療で気の流れと自律神経系を整えることが必要です。

また、日常生活を見直すことが大事です。

健康マニアのおススメコーナーでも書いていますが、まずは食生活を見直すことが大事です。

食品添加物の多い食事を辞め、「良質な蛋白質」「ビタミンB・A・C・E(ベースと覚えましょう)」「微量ミネラル(セレン、マンガン、鉄、亜鉛、銅など)」を気にして摂取しましょう。

良質な蛋白質は青魚や鶏肉・大豆製品から。ビタミンとミネラルは緑黄色野菜や海草など(ほうれん草、アシタバ、枝豆、のり、ヒジキ、モロヘイヤ、茶など)から。なにかしらを徐々に普段の食事に加え、日常化してみてください。

そして、上手にストレス解消して、スッキリしましょう!

 

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング