皆さん、風邪ってどうやって治してますか?

驚いたのが、意外とすぐにお医者さんに行く方が多いんです。

「健康」の基本中の基本ですが・・・『風邪薬』はこの世にはありません。

原因が様々で特定できないから薬を作れないんです。

鼻水を止める薬、喉の痛みを取る薬、解熱剤、抗生物質、痰切り薬・・・処方薬は全て「症状を抑える」薬です。

いわゆる対症療法です。

しかし、風邪の諸症状は、体が治そうと頑張っている結果、出るものです。

扁桃腺などのリンパ腺が頑張って喉が痛い、悪いものを出そうと咳や痰が出る、体が戦っているから熱が出る・・・

体が頑張っているのに、薬でその頑張りを抑え込んでしまっているのです。戦いの足を引っ張ってるんですね。

だから、風邪の治りが悪くなります。咳や鼻水が長引いたりします。

そして、風邪を引きやすい体のままでいることになります。

風邪をひいたら・・・とにかく休む!

仕事で休めない? 子供がいる? たかが風邪? 休めない言い訳はいっぱいあると思います。

でも、寝ないとしっかり治りません。

体の免疫が落ちて(気のバランスが乱れて)、ウィルスが悪さしています(風邪が入り込んだ)。

とにかく休んで白血球が戦っているのを邪魔しないことが一番です。

風邪で休むなんて…という風潮を作ってしまった社会も悪いんですけどね。

 

・休む(寝てる)
・食べない(無理に食べる必要はない)
ミネラルの入った水分だけは摂る(自然塩が良い)

 

↑これだけです。食べたくないのに食べると免疫が落ちます。

風邪は身体が疲れている証拠です。脳からの「休め」サインです。

薬を使わずしっかり治すと、以前よりも免疫が高まり身体は好調になります。

冬になると風邪薬の宣伝ばっかりですが、誘惑に負けず自分の身体を信じて治しましょう。

ちなみに、熱がある時の治療院での治療はやめましょう

でも、風邪のひき始めには、鍼灸治療が有効です。

「風」という文字がつくツボが結構あります。

クビの後ろから風邪が入り込むと考え、その周りにある「風」のツボにお灸をします。

そうすると風邪が入り込まずに済みます。西洋医学的には、軽く済んだ、というところでしょうか。

大人は基本的に薬なしですが、赤ちゃんや小さいお子さんの場合は、平熱が37度くらいあるので、39度くらいまでは大丈夫ですが、40度を超えるようだったら、解熱剤を使いましょう。

痰や鼻水で呼吸が苦しそうだったら、投薬して少し楽にしてあげましょう。薬が効くという保証はありませんが。

 

世の中の今までの常識を疑って、しっかり家族の身体のための知識をつけてください!

 

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング

黒ニンニクは最強の抗菌食品!

鼻に爽快感を!




抗菌にはニンニクとハチミツです!