玄米シリーズ①

筆者は、精米機を貰ったときから、お米は玄米(無農薬)で買っています。

私は玄米のまま食べますが、子供たちは分つき米にしています。

削り取った糠は糠漬け用になります。

そこで色々と玄米について昔から調べていました。

せっかく玄米を食べているので、いかにその栄養素を逃がさないか。

より良い食べ方はどんな形だろうか?と。

今回はそれを分かりやすく書いていこうと思います。

シリーズ①「玄米のいいところ」

まずは玄米食のメリットを挙げていきます!

玄米の良いところ

玄米は白米と比較されることが多いですが、その栄養は白米に比べるとほとんどの分野で3倍近くになります。

抗酸化作用が強いビタミンEにいたっては6倍! 食物繊維は7倍!

何で白米食べてるんだろう…って話です。美味しいからか…?

江戸時代に流行った「脚気」はビタミンB1不足でなりますが、白米の5倍あります。

「江戸患い」と呼ばれ、江戸で白米がお洒落で流行したため、ビタミン不足で脚気も流行しました。

「炭水化物」「タンパク質」「脂質」「ミネラル」「ビタミン」という5大栄養素を網羅し、さらに「食物繊維」と流行りの「ファイトケミカル」をも含んだ、最も身近にあるスーパーフードなのです。

また、「フィチン」という物質を含んでおり、これが体内に入りフィチン酸となって、体内の有害物質を排出するという役目を果たします。

これを「キレート作用」と言いますが、有害なミネラル(重金属)分などを体外へ出してくれるのです。

さらに!

「RBF」「RBA」という天然の抗がん剤と呼ばれる物質をも含んでいます。

これが、がんに罹った方が「玄米食」を選ぶ理由でもあるのです。

簡単に言うと、

「RBF」は糠に存在し、がん細胞へのエネルギー供給を絶ってくれます。

「RBA」はαグルカンとも呼ばれ、キノコで有名なβグルカンに勝るとも劣らない、免疫活性効果があることが実験で証明されています。

玄米だけ食べれば良い、という極端な話ではありませんが、これだけを聞くと、玄米を食べなきゃ損!と思われると思います。

でも、世の中は「陰陽」で成り立っています。玄米も例外ではありません。良い面があれば…悪い面もあるのです…次回はその「悪い面」をお話します。

 

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング

家庭で酵素玄米が炊ける!

「圧」を追求するなら!