健康のために、自宅でも簡単に乳酸菌液を作ることができます。

私は家に精米機があるので、玄米を5分つきで炊く時のついでに作成しています。

乳酸菌のパワーは使いどころがいっぱいです。

・種菌として豆乳ヨーグルト作りに
・入浴剤代わりにお風呂に
・観葉植物などの土壌に
・排水溝などの匂い取り

因みにこの乳酸菌作りも、豆乳ヨーグルトと同じく飯山一郎氏のサイトで知り、作りだしたのがきっかけです。

 

◆用意するもの(f-cloudバージョン)

・空のペットボトル(炭酸用がベスト)・玄米(白米でも可)・黒糖粗塩・水(ミネラル水など)

  

 

①玄米を水(ガイアの水)で研ぐ(写真では1リットルくらいつくるので2番研ぎ汁くらいまでを使用)。

黒糖(約3%→30グラム)をお湯で溶かしておく。粗塩も一緒に投入(約1%→10グラム)。

 

③玄米には納豆菌が付着してるらしく、完成時に匂いがキツくなることがあるので、気になる方はレモン汁を投入(適量)。全体の量が容器の7割くらいにしておく。

④よく振って撹拌!そして暖かいところに置く。撹拌は毎日気持ちを込めて行う。蓋はキツく締め過ぎない。

⑤気候が良ければ、2~3日で蓋を開けた時に「プシュッ」と言います。
 元気が良いと、シャンパンのように開けた時に爆発するので注意!

上の写真は左から、1週間前につくったもの、今作りたて、蓬龍宝、になります。キッチンの窓際に置いています。

 

※匂いを嗅いで、酸っぱい酸味の匂いがすれば成功です♪

※発酵物なので、雑菌が入らないよう気を付けてください。

※1~2週間で使いきりましょう。

※飲食用でなければ、継ぎ足しして使用しても大丈夫です。

 

 

◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング