最近、女性に多い症状に「不眠」があります。

 

眠たいのに寝れない・疲れているはずなのに寝れない

寝れないから焦ってしまう

神経が昂り、余計寝れなくなる

いつの間にか寝てしまったが、起きても疲れが全然取れていない

仕事中に眠くなる・仕事効率が悪くなる

やる気が出なくなる  ⇒精神的疾患になる可能性も

こんな悪循環に陥っていませんか?

寝つきは平気だけど、途中で必ず起きてしまう…という症状を持ちの方も同じです。

 

その原因は、基本的に「自律神経」が関与しています。

自律神経失調症の記事はこちら

 

その原因としては、

・人間関係などのストレス

・働き過ぎによる交感神経の昂り

がほとんどです。

他の症状でもそうですが、こと不眠に関しては、早めに治療を受けてください。

「うつ状態」になることも多々あります。「自分だけは大丈夫」と思いがちですが、うつ状態になられてしまった方は皆さんそう思った、と言っています。

活動型の交感神経という自律神経が高まっている時間が長く、なかなかリラックスする副交感神経に切り替わらないために起こります。

寝れるようになるためにすべきこと4選!

①寝れなくても気にしない! 

でも起きてスマホを見たりするのはNG! 寝れなくても横になって重力から解放されるだけでも疲れがある程度取れ、代謝も行われます。 焦らずに、布団の中で好きな音楽でも聞きましょう!

②寝る前にリラックスタイムを作りましょう! 

入浴は必須です。体温が上がった状態から冷めていく過程で人間は眠くなりますので、寝る前に入浴するよう心がけましょう。入浴後に自分の好きなことをする時間を設けましょう。趣味でも、お茶タイムでも、お笑い観賞でも何でも良いです。好きなことをすることで脳はリラックスできます。

③無理やりにでも脱力しましょう!

不眠の方は肩こりも併発していることが多いです。日常で肩に力が入って、奥歯を噛みしめてしまっているので、寝る直前にイスに座り、全身の全ての力を抜いて3分程過ごしましょう。この時間を無理やり取ることが大事です。布団やベッドではなくイスに座ってやりましょう!

④自分を追い込まずに、とにかくストレス解消を!

「規則正しい生活を」「食事の時間は一定に」「カフェインはダメ」などなど……不眠に関しては、様々なサイトで色々と行動の制限がされます。でも、そんなことは気にしない! 色々と制限すると、それがプレッシャーとなりストレスとなってしまいます。コーヒーを飲んでも、コーヒーが大好きな人だったら関係なく寝れるのです。

とにかくストレス解消をしましょう。おススメなのは「感情放出法」です。カラオケで大声を出す、感動したり泣けるDVDを観る、思いっきり笑える動画を観る・・・このように普段抑えつけがちな「感情」を表に出すことはとても有効です。

 

さて、治療ですが、自律神経の乱れの記事でも書いていますが、鍼灸治療とリラックス効果のある治療のミックスが良いと思います。

一つの手技にこだわらず、効果があると思われる手技を併せておこなう、そんな柔軟な治療院がお勧めです。

特にお灸は、とても有効ですので試してみてはいかがでしょうか。

 

 
◆クリック↓で応援よろしくお願いします!

健康と医療ランキング